2030年05月29日

日本で最もバラエティに富む尺八演奏会の一つ

港区邦楽研究会には,普化明暗,琴古流,都山流,さらに各流派の中でも別の会派に所属する人々がいます。
吹く尺八の長さも一節切から三尺五寸まで。

↓地無し三尺五寸

IMG_0390 - コピー.JPG

尺八の製管のあり方も,漆すら塗らない地無し管から,ファインチューンの現代的な作りのものまで。手孔は通常5孔ですが,7孔尺八も登場。
曲も虚無僧の世界から現代邦楽,洋楽まで。

実にバラエティに富んでおります。

さらに。
1曲毎に,流派,長さ(あるいは製管方法)の異なる尺八による演奏になるようにプログラムを組んでおります。演奏会は約3時間ですが,そのうち1時間聴いていただければ尺八のさまざまな魅力をお楽しみいただけるものと存じます。

是非,ご来場ください。

なお,港区邦楽研究会定期演奏会の開催の連絡を希望される方は
本間海盟宛て
kh★minatohougaku.sakura.ne.jp
(★を@に変更してください。)
ご連絡ください。
毎月,メールでご案内差し上げます。
なお,パソコンからメールを送信しますが,携帯電話のメールの場合,設定によってはパソコンのメールを受信できない場合もあるようですので,パソコンのメールを受信できるように設定をお願いいたします。

恐縮ですが,プログラムの郵送、FAX送信等は致しかねますのでご了承下さい。

posted by minaho at 00:00| Comment(1) | 港区邦楽研究会
この記事へのコメント
8月の赤坂演奏会に初めて拝聴いたしました。私は最近尺八を触りだし、まだまだ吹くまでは行けていない超素人です。なかなか尺八を生で聞く機会がないところ、過日の演奏会は内容の濃いイベントであったと思います。お聞かせ頂いた先生方の詳細は不勉強なので分からないのですが、次回にも参加をさせて頂くつもりです。ご趣旨とは異なるかも知れませんが、尺八の魅力をトークショーで織り交ぜたり、尺八の名工を呼び秘話を話していただいたり、3時間の内容にメリハリをもたせて頂けたらうれしいです。外人さんや女性の奏者も広く尺八の魅力を理解して頂く、そんな時間もあったら良いかと思います。研究会さまのご趣旨は会員さまの発表会的な運営なのかと思いますが、素人が皆様の巧みな演奏により親しめるために今後の研究会のお考えなどお聞かせ頂けたら幸いです。
Posted by 高木 昭大 at 2016年09月01日 12:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: